おいしさと栄養を兼ね備えた商品作りにチャレンジ!

木津有美
お米研究所 新領域開拓チーム

富山県出身。2007年の入社以来、さまざまな研究を経て、サプリメントの開発や栄養バランス食品の開発を担当。米菓部門とはフィールドが異なり、蓄積したノウハウの少ない中、実践や試作を繰り返して技術課題解決にまい進。デンプンの老化抑制による「やわらかさ」「弾力性」の保持に成功。また、商品開発においては市場調査やコンセプト立案を行い、自らが掲げる“おいしくて、体にいい”商品の実現に向け日々チャレンジを続けている。

Yumi Kitsu

DATA

大学院生物理工学研究科(修士)修了 2007年入社

好きな亀田製菓の商品

技のこだ割り

「おいしい」と「体に良い」の両方を満たした食品を作りたい!

健康維持のため食べ物に気を遣っているという著名人をテレビで見て、自分もおいしくてかつ、体にも良い商品を開発したいと思い、食品業界への就職を希望しました。さまざまな食品メーカーを見てきた中で亀田製菓を選んだ理由は、まず商品のおいしさが魅力的だったこと。そして「ゆめごはん」や「植物性乳酸菌」など健康を重視した商品も扱ってた点もポイントになりました。この会社で自分の夢を叶えたいと思い志望しました。

米菓とは異なる、サプリメントや栄養バランス食品の開発研究

入社後、第一志望だった研究所へ配属され、以来ずっと在籍しています。主に、植物性乳酸菌の研究、サプリメントや栄養バランス食品の開発などを担当しています。成分の効果を確認すなど得るために、モニターを募って検証する業務もあります。以前、「植物性乳酸菌K-1」が肌に与える効果を女子大生を対象に検証しました。その結果を踏まえて商品開発したのが、玄米の栄養成分が手軽にとれる「はれやか玄米」です。
現在は健康に配慮したおかゆの開発などに取り組んでいます。米菓市場とはフィールドも異なり、後発参入になるため、お客さまに喜んでいただくためにはどうしたらいいのかチーム全体で強く意識しています。市場調査やコンセプト立案、試作まで自分たちで行い、ベースが固まった段階で、他部署とも連携しながら、商品化へつなげています。

チーム一体となり、成長できる明るく活気のある部署です

若手や女性社員の数も増え、とても明るく和やかな部署です。それぞれが専門性の高い異なる分野を担当しているので、問題に対して互いに知恵を出し合いながら、皆で成長していける環境です。有志でイベントに参加するなど、私生活でも仲良くしています。

SCHEDULE

08:30 朝礼、メールチェック
09:00 チームMT
09:30 実験室にて試作
12:00 食堂にてランチ
13:00 実験室にて試作
15:00 提案資料修正・確認
16:00 他部署打合せ
16:30 打合せを受けて今後の計画立て
18:00 退社

Challenge!

難しいとされた技術課題に取り組み商品開発へと結びつける

今までできないと言われてきた技術課題にチャレンジしています。具体的には、「デンプンの老化抑制による”やわらかさ” “弾力性”の保持」や「低水分活性領域における食味の向上」のチャレンジです。当初は周りからも「難しいんじゃないか」と言われました。当社は米菓に関しての知識やノウハウは多分に蓄積されていますが、新しい研究でしたので、過去のサンプルも少なく私自身も形になるか不安でした。それでもチーム内でアイデアを出し合い、今できる事を1つずつ地道に進めていきました。実験や試作はすぐに結果がでるので、トライ&エラーを繰り返して多面的にアプローチし、1年ほどで、結果を出すことができました。チームで成し遂げたプロジェクトでしたので達成感も大きかったです。
現在は多くの商品に反映するために開発に力を注いでいます。これからもチャレンジを続けて、おいしくて、かつお客さまの健康にも貢献できる商品を開発していきたいです。

SCHEDULE

08:30 朝礼、メールチェック
09:00 チームMT
09:30 実験室にて試作
12:00 食堂にてランチ
13:00 実験室にて試作
15:00 提案資料修正・確認
16:00 他部署打合せ
16:30 打合せを受けて今後の計画立て
18:00 退社

MESSAGE

今できる事を1歩ずつこなすことが、結果につながります

私は、就職活動時に多くの会社で不採用となり、自信をなくしてとても落ち込んでいました。そんな時取り組んだのは、今自分ができる事を3つ考え、やってみる事でした。それを繰り返すことで、少しずつ自信を取り戻すことができました。今でもこれが基本スタイルとなっています。まずはできる事を全力で。そこから新たな発見を見つけ、結果へつなげていってください。

Break Time

Q1.亀田製菓の独特の社風は?

どちらかというと控えめにコツコツと努力する人が多い気がします。一方でコミュニケーションはしっかり図れていて、お願いすると皆さん快く協力してくれます。社員同士助け合いができる会社です。

Q2.私の就職活動 経験談

自分の長所ばかり考え、面接で聞かれたらこう答えようと準備していました。ですが「あなたの短所はなんですか」との想定外の質問に凍ってしまい、撃沈でした。

Q3.仕事の大変なところ

米菓業界でトップシェアを誇る当社において、米菓とは異なる、第二の柱を作ることが仕事のため、情熱を持ち続けることが重要であり難しい部分です。1人でも多くの仲間や協力者を得ることが成果にもモチベーションにもつながります。

Q4.今後の目標や夢

「おいしいと思って食べていたものが実は体に良かった」という自分の夢の商品の実現のため、これからも研究や開発を1つずつ丁寧にこなし、チーム全員で取り組んでいきたいです。

所属部署、役職、業務内容については取材日当時のものとなっております。