経理業務のスキルアップにチャレンジ!

坂爪かなえ
経理部 経理チーム

新潟県新潟市出身。高校卒業後、白根工場の「亀田の柿の種」生産ラインで3年間勤務する。2010年から、経理部経理チームへ異動。

Kanae Sakazume

DATA

高等学校普通科卒業 2007年入社

好きな亀田製菓の商品

将角サラダ、手塩屋、亀田の柿の種

企業方針にも、工場で働く社員の雰囲気にも魅力を感じました

お菓子の中でもおせんべいが一番好きで、特に亀田製菓のおせんべいは、子どもの頃からよく食べていて親しみがありました。
就職活動にあたり、いくつか工場見学をした中でも、亀田製菓のスタッフは挨拶が気持ちよく、フレンドリーな雰囲気であることに魅かれました。
また国内米菓シェアNo.1企業にとどまらず、今後は世界においてもシェアを獲得していこうという方針にも感銘を受けました。アルビレックス新潟のメインスポンサーという形で、地元に活力を与えているという企業姿勢にも魅力を感じ、私自身も地元に貢献できればと思い志望しました。

経理の基本業務のほか、会計システムの教育担当も行っています

経理業務の基本となる伝票や請求書の処理、リース資産の管理、四半期決算や期末決算の補助などを行っています。そのほか、社員の旅費精算の精査・確認、海外駐在員の家賃や経費の精算と送金手続きも行っています。
基本的にはデスクワークが多く、電話やメールでの対応が多いのですが、積極的に各部署へ赴き、顔を合わせて話すようにしています。
また2015年から、本社・グループ会社の会計システムの更新を行っており、各種設定や検証、ユーザー教育を、グループ会社も含め全国各地で行っています。

不慣れな仕事も、先輩社員が懇切丁寧に指導してくれます

経理部は比較的女性が多く、和やかな雰囲気です。相談や改善提案なども気軽に話し合うことができて、働きやすい職場です。経理部へ異動になった当初は、十分な会計知識がなかったのですが、OJT(On the Job Training/企業内教育)が徹底されており、先輩社員がマンツーマンで懇切丁寧に指導してくれました。

SCHEDULE

8:30 始業
朝礼・部内ミーティング
9:00 メールチェック
9:30 デスクワーク(伝票・請求書処理)
12:00 昼食
13:00 全社員の旅費精算データチェック
14:00 新会計システム導入に向けたミーティング
16:00 デスクワーク(伝票・請求書処理)
18:00 退社

Challenge!

通信教育や社外研修を利用して、経理業務への理解を深めました

私は工場勤務としての採用だったので、簿記や会計の知識もほとんどなく、経理部への異動は不安や戸惑いが大きかったです。そのため、日々の業務を通じて先輩から学ぶだけでなく、通信教育や社外研修などを利用して、1日でも早く経理部で活躍できるように努力しました。
最初は自分のことで精いっぱいでしたが、慣れてきたことで、周囲で困っている人がいればサポートできるようになりました。また、後輩もできて、自分が教える立場になりました。会計システム更新に伴い、新しい会計システムの使い方を、グループ会社へ教えに行く機会もあります。
人に教えることで、自分自身も新たな発見や気づきを得られ、知識がより深まったと思います。今後は、教える上で、より上手く人に伝えられる方法を身に着けたいと思っています。

SCHEDULE

8:30 始業
朝礼・部内ミーティング
9:00 メールチェック
9:30 デスクワーク(伝票・請求書処理)
12:00 昼食
13:00 全社員の旅費精算データチェック
14:00 新会計システム導入に向けたミーティング
16:00 デスクワーク(伝票・請求書処理)
18:00 退社

MESSAGE

経理は、会社全体と関わり合うことができる仕事です

経理は、商品を開発する商品開発部、原料を仕入れる購買部、米菓を製造する各工場、お客様の元に商品をお届けする営業や物流部など、全ての業務をサポートする仕事をしています。積極的にコミュニケーションを図り、各部署について理解を深めることで、会社全体のお金の流れも見えてきますし、経理としての役割の大切さも感じられます。米菓国内シェアNo.1企業の経営に関わる仕事ですし、やりがいがあります。

Break Time

Q1.入社前と後のギャップは?

お菓子はすべて機械で作っているため、常に同じ製品ができると思っていましたが、気候などにより、生地の水分量や焼き上げ時間を調整するなど、職人的な仕事も多いことが分かりました。品質管理のために、社内試験で合格した食味検査員が、1時間おきに食べてチェックをしています。私も食味検査員の資格を持っています。

Q2.亀田製菓独特の社風は?

入社時は先輩社員とマンツーマンの教育体制が整っていますし、その後も各種職務に応じた研修制度があります。自分自身のスキルアップにつながる勉強は、会社が費用をサポートしてくれます。

Q3.就職活動経験談

就職の可能性を広げるためにも、最初から企業や業種を絞らずに、興味がある企業の説明会には積極的に参加しました。企業が自社の説明をしてくれたり、質問に答えてくれる機会はあまりないので、それを聞いているだけでも社会勉強になりました。

Q4.その他

入社後、様々な部署への異動のチャンスがあります。工場勤務から、経理部や生産企画部、商品開発部への異動など、部門を超えたジョブローテーションが行われます。他社にはあまりないことだと思います。

所属部署、業務内容については取材日当時のものとなっております。