収益確保に向けた生産現場改善にチャレンジ!

小関裕生
生産企画部 原価管理チーム

千葉県出身。2014年の入社から現在に至るまで生産企画部原価管理チームに在籍。生産現場におけるすべてのデータを管理し分析。数値をもとに、コスト削減に向けた提案や、生産計画に合わせた最適な人員調整を行い、生産体制を整える。これまでサポート役に徹することが多かったが、培った知識と経験を生かして、今後は自らが主体となって現場改善に挑戦していく。

Yuki Koseki

DATA

経済ネットワーキング学科卒業 2014年入社

好きな亀田製菓の商品

堅ぶつ

小さいころからお菓子一筋!挑戦を続ける会社で働きたい

子どものころからお菓子が大好きで、自分もお菓子を通して人を笑顔にしたいと思い、菓子メーカーを中心に就職活動をしました。米菓業界でトップを走る亀田製菓は、その大きな強みを持ちながら、海外進出や、お米を使った新商品といった挑戦を続けています。まだまだ成長の可能性を秘めている点にひかれました。そして挑戦に欠かせない収益や予算の面から、組織をサポートしたいと思い志望しました。

あらゆるデータを分析し収益確保に取り組んでいます

原価管理チームは、収益確保に向け、生産原価や在庫の数値を分析し改善提案、最適な人員調整などを行っています。具体的には、年度・月・週ごとの製造原価に関わるデータをもとに製造コスト削減に向けた分析提案や最適在庫の生産に合わせた調整の提案、ロスなどの進捗管理、増減産による人員配置提案といった業務にあたっています。新商品が発売されれば管理するデータも増えます。商品ごとの予算と実績の原価差異を分析し、采配を振るう部署ですので責任も重大です。常にデータと現場と向き合い、営業部門から生産現場まで幅広く連携を図りながら押すところと引くところを見極め、判断を下します。コスト削減だけでなく、需要の変化による生産量の調整も細かく提案し、必要とされる商品を最も効率よく作り、お客様と会社に貢献しようと日夜努力を続けています。現場との活動ががうまくいき、収益確保につながった際は喜びもひとしおです。

切り替え上手なスタッフが大勢活躍しています

休憩時間などは、お菓子を食べながら会話に花を咲かせ、笑い声が絶えないにぎやかな雰囲気です。一方で仕事に取り組むときは、集中力を高め業務や会議を行っています。オンとオフがハッキリした働きやすい部署です。また、経験豊富なベテランスタッフが多く、分からないことがあれば丁寧に教えてもらえます。

SCHEDULE

08:30 始業、チームミーティング
09:00 新商品データ設定
12:00 昼食
13:00 週次製造損益作成、進捗分析
15:00 ロス実績進捗資料作成分析提案
16:00 次月新商品データ設定
17:40 退社

Challenge!

集約される情報をもとにベストな答えを導き、提案する

所属チームには、生産現場のすべての情報が集まってきます。集約されるデータを組み合わせ、いかにベストな答えを導けるかが最も重要であり、求められる部分になります。上司や先輩は、知識や経験も豊富で、数字の組み合わせ方や現場へどう提案するべきかなどの判断力に長けています。私自身はこれまで、主に先輩方のサポートにつきながら、数値の意味や、正確な資料を作成することに重きをおいてきました。その甲斐もあって数字が意味していることも理解できるようになり、少しずつスキルも上がってきたと感じています。また、お菓子の原価率はかなり高いため、お客さまに喜ばれる商品を提供しつつ収益を確保するために、各部門で知恵を出し合っています。原価を管理する立場の人間として誇りと責任を持ち、製造現場のスタッフともコミュニケーションを取りながら、最適な改善案を常に模索し、発信していきたいです。今後は、先輩方に教えてもらった知識やノウハウ、経験を生かして、さまざまな観点から多面的にデータを読み解き、自発的な提案や現場改善に挑戦していきたいです。

SCHEDULE

08:30 始業、チームミーティング
09:00 新商品データ設定
12:00 昼食
13:00 週次製造損益作成、進捗分析
15:00 ロス実績進捗資料作成分析提案
16:00 次月新商品データ設定
17:40 退社

MESSAGE

挑戦し、最後までやり切る。その経験は無駄にはなりません

先生や家族、人生の先輩からのアドバイスにはしっかりと耳を傾け、何事にも挑戦してみることが大事だと思います。興味の無いことや苦手なことからも目を背けず乗り越えてください。亀田製菓は多くの部署があり、他部署や外部との関わりも盛んです。これまでの経験が仕事に役立つことが大いにあります。チャレンジ精神を忘れないでください。

Break Time

Q1.亀田製菓の独特の社風は?

役職が付いた方でも、「○○さん」という呼び方で統一されているところです。最初は多少戸惑いましたが、今ではこちらの方が先輩方とも話しやすい気がします。

Q2.亀田製菓の好きなところ

なんと言ってもお菓子がおいしいところです。新商品や、少し変わった味の商品が次々と発売されるのでお菓子好きにはたまらない環境。おかげさまで入社から20キロ近く太りました(笑)。

Q3.仕事の失敗談

覚えたての業務を担当していた際、配信した資料の間違いに気づき、訂正を配信した後、別の間違え箇所にも気づき、繰り返し何度も配信してしまった経験があります。上司にも注意されました。今は、視野を広くもち、全体に目を通して確認するよう心掛けています。

Q4.仕事の大変なところ

生産の実績や予算を扱う部署なので、小さなミスも許されません。自分が算出した数値が正しいかどうか、根拠や裏付けを含め責任を持って取り組む必要があります。

所属部署、役職、業務内容については取材日当時のものとなっております。