人材育成

Human resources development

教育制度

亀田製菓は、「企業は人なり」の精神を経営の基本理念として考えています。
企業の成長や活性化には、「人」の成長が不可欠です。そのため、「人の成長」を目的とする各種研修を行っています。

内定者の段階ではまず社会人としての基本を身につけていただくため、オンライン上でe-learningに取り組んでいただきます。
入社後の新入社員研修では、ビジネスマナーはもちろんのこと会社の各部署の役割、仕事の進め方等、社会人の基礎を学んでいただきます。
配属後は「ブラザー・シスター」と呼ばれる先輩社員が新入社員一人ひとりにつき、業務の指導にあたります。

入社2年目、入社3年目には1年の振返りを行うとともに、各ステップで必要となる能力開発支援を行います。
入社から3年間で、自ら動いて成長し続けるビジネスパーソンを目指します。

また、亀田製菓では「KAMEDAチャレンジプラン」という各種自己啓発制度を整備しています。
従業員自らの主体的・積極的な自己成長を会社がバックアップしています。