• おいしさへのChallenge!

      亀田製菓ではお客様においしい商品をお届けするため、
      徹底した品質管理に取り組んでいます。
      原料の調達から商品の開発・生産お客様からのご意見・ご要望の情報共有まで。
      三位一体となってお菓子の品質向上に取り組んでいます。

      原料

      商品はすべて原料ごとに原材料規格保証書を取得しています。 お米、ピーナッツなどの原料を自社および外部で検査をおこなっています。

      開発生産

      商品開発において、湿気試験、油脂変敗試験など様々な検査をおこなっています。また、商品を生産する工場では、従業員の手洗いなどの衛生管理を徹底。
      エアシャワーや自動シャッターを活用し、二重三重の異物混入対策をしています。

      お客様相談室

      商品がお客様のもとに届いた後も亀田製菓の品質管理は続きます。お客様相談室に寄せられたご意見・ご要望は工場や関連部署と情報共有しています。

    • 新境地へのChallenge!

      日本を代表するお菓子として親しまれている米菓を 世界に向けて展開しています。
      亀田製菓は、今、米菓を通して世界中の人々に健康や幸せをお届けする
      「グローバル・フード・カンパニー」を目指しています。
      また、亀田製菓の事業領域は、米菓だけにとどまりません。
      米菓の原料となるお米の基礎研究をおこない、
      健康を軸にしたお米の可能性を追求しています。

      海外事業

      「米菓を世界に広めたい」との想いから、亀田製菓の海外進出は1989年に始まりました。健康志向や日本食ブームが追い風となり、低アレルギー性・低脂肪のライスクラッカーとして注目を浴び、高い成長を続けています。
      そして2021年には”世界米菓市場で名実ともにリーディングカンパニーとなる”という高い目標に向かって走り続けています。

      新規事業

      日本人になじみの深いお米で、人々の健康に貢献する。亀田製菓のお米の研究は、1950年代後半から始まりました。低たんぱく質米飯の”ゆめごはん”やお米由来の乳酸菌を使用した”植物性乳酸菌ヨーグルト”など、お米を知り尽くした亀田製菓ならではの新しい分野に挑戦しています。他にも長期保存食ビジネスや主食米販売などお米にまつわるビジネスを次々に展開しています。

    わたしたちのChallenge!

    亀田製菓で働く人々は、日々高い目標に向かって挑戦を続けています。
    先輩社員はどのような挑戦をしているのでしょうか?
    各部署の若手社員にインタビューをしてみました!!

    About KAMEDA SEIKA

    亀田製菓を知る

    日本を代表するお菓子として、亀田製菓は今、米菓を通して世界中の人々に健康や幸せをお届けする「グローバル・フード・カンパニー」を目指しています